秩父高校で過ごす学校生活をご紹介します。
入学してからどんな学校生活が待っているか、ご覧ください。

年間行事

秩父高校で行われる、
主な年間の行事です。

4月

  • ・入学式
  • ・始業式

5月

  • ・遠足
  • ・中間考査
  • ・3年進路ガイダンス

6月

  • ・体育祭
  • ・三者面談 (全校一斉)
  • ・ビブリオバトル (書評合戦)
  • ・生徒会立会演説会

7月

  • ・期末考査
  • ・球技大会
  • ・生徒総会 終業式
  • ・オーストラリア海外研修

8月

  • ・サマースクール
  • ・夏期講習
  • ・大学オープンキャンパス
  • ・始業式
  • ・文化祭

9月

  • ・ロビーナ高校来校 (隔年)
  • ・2年生修学旅行

10月

  • ・中間考査
  • ・開校記念日
  • ・芸術鑑賞会

11月

  • ・進路講演会
  • ・生徒会立会演説会

12月

  • ・期末考査
  • ・球技大会
  • ・進路ガイダンス
  • ・生徒総会
  • ・終業式

1月

  • ・始業式
  • ・1、2年進路ガイダンス

2月

  • ・読書会
  • ・小論文指導

3月

  • ・卒業式
  • ・学年末考査
  • ・受験報告会
  • ・終業式

部活動

秩父高校の部活動の紹介です。学業以外に真剣に打ち込める活動がたくさんあります。

秩父高校での学校生活を
より良いものにするために活躍する、
生徒会の紹介です。

平成30年度後期生徒会役員

生徒会長 宮本康平(3年)
副会長 吉田比奈子(2年) 小室樹哉(2年)
会計 竹内進悟(3年) 冨田早耶(2年) 鈴木水空(2年) 町田絢沙(3年) 松本音々(2年)
書記 小濵千晴(3年) 引間彩寧(3年) 浅見優衣(2年) 藤井ほのか(2年)

生徒会長のメッセージ

埼玉県立秩父高等学校は、112周年と長い歴史を誇っています。112年という長きにわたる伝統を、今日まで絶やすことなく守り抜き、受け継いでくることができたのも、我々の先輩方、先生方、地域の皆様、並びに保護者の皆様のおかげです。心より感謝しております。

現在、秩父高校は、進学校として知られています。そのため、土曜授業を隔週で行うなど学習面にも力を入れています。また、生徒の進路の実現のために、先生方もきめ細かいご指導を行ってくださっています。秩父高校の生徒の学習意欲も素晴らしく、朝早くから遅くまで学校に残り、友達と勉強を教えあい、助けあっています。その他、整備された図書館にある学習室も勉強の場所として多くの生徒に利用されています。図書館は本も豊富に揃えており、生徒だけでなく、秩父高校を訪れた方もくつろぎ、本と親しめる場所となっています。

私も自分の進路の道半ばですが、秩高生の一人として、進学校としての長きにわたる伝統を継承、また自分の手で発展させたいと思います。最後になりますが、これからも仲間たちとともに、秩父高校のさらなる発展に向けて頑張ってまいります。

校章・制服

秩父高校の伝統の校章と制服です。

校章

校章

秩父高校の校章は、組合立埼玉県秩父高等学校と埼玉県立秩父女子高等学校が合併し、昭和25年4月1日制定されたものです。当時、生徒からの公募を行い、521点もの応募があった中から選定するなどの経緯を経て、最終的には、合併前のそれぞれの学校にゆかりのある「深い公孫樹の葉」を二枚重ねたものが、正式に校章となりました。現在も秩父高校の象徴となっています。

夏服
冬服

夏服・冬服

秩父高校の制服(女子制服)の特徴は、一目で秩高生とわかる、衿に3本の草色の筋を施したものです。
これは、秩父高等学校が創立した時の校長の発案で決まったもので、その特徴ある制服は今でも受け継がれています。