教員向け英語ワークショップ(教員ITC)のお知らせ

昨今、「英語の授業を英語で行う」という流れから『All in Englishの授業をやってみたいけれど何をすればいいのだろう』、『教室で英語を使った活動をするノウハウが知りたい』といった現場の声が聞かれます。そこで、東京学芸大学で実施されている英語学習プログラムITCの経験者が「リーダー」として、現職教員向けに「教員ITC」として実施するプログラムを企画いたしました。

ITC(Intensive Training Course of English)とは、東京学芸大学で学生により長きにわたって実施されてきた英語学習プログラムです。日本人学習者とって効果的に英語を習得する手助けとなる活動が開発され、引き継がれています。1週間の合宿で行われるKITC (Kanatani’s Intensive Training Course)、土日に教室で行われるmini-ITCが展開されています。有志の学生が様々な英語活動を準備し、参加者たちはAll in English の環境でディスカッションやスキットなど様々なセッションを体験します。運営に携わる学生は英語で英語を教える経験を積み、参加者は英語を使う体験をすることができます。

このプログラムを現場の教員向けに実施するのが「教員ITC」です。教室でもお役に立てるアイディアがきっと見つかると思います。ぜひご参加ください。 

日時

 2019年9月14日(土)
 9:30受付  10:00開始  16:00日本語による協議会  17:00終了予定

場所  埼玉県立秩父高等学校(埼玉県秩父市上町2-23-45)TEL: 0494-22-3606
 秩父鉄道 御花畑駅下車 徒歩10分or 西武秩父線 西武秩父駅下車 徒歩10分
費用  無料
主な活動内容

 (1) Loud speaker (リスニング活動) 
 (2) Strip Story(ディスカッション活動)
 (3) Song Transcription(リスニング活動)
 (4) Dubbing(リスニング・スピーキング活動)
 (5)その他(Warm-up 活動)

※昼食をご持参ください。昼食も参加者同士英語を話しながらとります。
※研修会終了後、懇親会を計画中です。皆様のご参加をお待ちしています。
※参加希望は登録フォームにて9月10日(火)までにお願いします。
           ↑こちらをクリック!

現場教員による教員ITCへのお誘い  (東京学芸大学名誉教授 金谷憲) 

教員ITCは英語を英語で教える実体験の場です。生徒が英語を使って出来る活動アイディアを共有する場です。プログラム・リーダーは、東京学芸大学で行われている英語によるいろいろな集中演習(Intensive Training Course)に参加し、後輩たちを英語で指導する経験を豊富に身につけ、現在は学校で実際に教えている人たちです。このITCで紹介される活動は、長年に亘り、日本人の大学生や高校生に使われ、使い勝手が良く、生徒の英語力向上に有効だと分かっているものばかりです。お忙しい時期だとは思いますが、このプログラムで、英語で英語を教える体験をして授業に生かしてみてはいかがでしょう。

このカテゴリの他の記事

【女子バレー部】10月26日 春高予選

詳しく見る

総合的な探求の時間

詳しく見る

受検生
の方へ